猫は夏に痩せる?痩せたように見える理由と夏バテを理解して暑い夏を乗り切るために事前準備しよう。

 

猫の毛、モフモフで最高な触り心地に撫でたくなりますよね。

だけど、猫の毛は抜け毛が凄いんです・・・。飼い主様を悩ます猫の抜け毛。

抜け毛が多いと

あれ?こんなに痩せてたっけな。

そんな風に思う事も実はあたりまえだったのです。

 

 

 

猫の毛の仕組み

 

猫って毛が生え変わる時期、換毛期(かんもうき)があります。

換毛期は年に2回。3月頃と11月頃から

換毛期は2回が一般的といわれてますが一概に全ての猫に該当せず、特に外猫に多い。

 

気温の変化が影響しているんだね。

室内猫の場合は外に比べて気温の変化が少ないですよね。

 

夏場は涼しくしますし冬場は温かくします。

猫って実は気温の変化にあわせて毛皮をお着替えしているんです!

 

なので何となく暑くなってきたな。人間で言うとそろそろ半袖にしようかな?みたいなものです。

ちなみに愛猫(完全室内)は夏前、5~6月になると猫の毛がごっそり抜けてますよ。

毎日のブラッシングが大変な時期です( ;∀;)
※グルーミングで毛を飲み込んでしまうので注意

 

ということから、冬場の暖かいコートのようなモフモフ毛皮から、夏バージョンのスッキリした毛に変わるということ。

 

毛が沢山抜けて、コートからTシャツに着替えれば

「あれ?なんか痩せたように見えるけど大丈夫なのかな」

こんな風に感じるものですが、猫の毛の仕組みを知っておけば安心ですね。

猫の毛の役目

 

  • 衝撃耐性アップ
    猫は良く走り、何かと障害物に当たります。
    他にも猫同士の喧嘩で爪のひっかきから体を守ってくれます
     
  • UVカット・防水機能付き
    皮脂によって毛の乾燥であったり、紫外線から肌を守ります。

  • お着替えによる保温・断熱
    冬はコートのようなモフモフの毛を纏って寒さ対策
    夏場はTシャツのように薄着。短い毛で整えて暑さ対策をします。
     
     

猫の毛の構造

 

猫の毛は大きく分けて2種類

オーバーコート

アンダーコート

 

オーバーコートの特徴①主毛と呼ばれ、外側の鎧のように覆う毛
②外傷から身を守る役割
③固くて長い毛の構造
④防水、紫外線カットの機能
⑤一つの毛穴から1~6本ずつ生えている
アンダーコートの特徴①副毛と呼ばれ、柔らかく肌着のような役割
②密度が濃く体温を調節する
③換毛期に良く抜ける
④一つの毛穴から複数本まとまって生えている


オーバーコートは表面にある、外傷から守る鎧のような役割

アンダーコートで体温調節をおこなっているもの。

 

秋口から始まる換毛期を迎えると、アンダーコートが沢山増えて、丸みを帯びたモコモコに。

そして春先の換毛期を迎えると、ごそっとアンダーコートが抜け始めます。

 

このために丸みがなくなりシャープに。

あれ?こんなに痩せてたっけ??

こういった印象に映ります。

 

猫の毛の役割、換毛期の事を事前に知っておけば、痩せたように見えても安心ですね。

 

 

猫の夏バテ?

 

夏場は暑くて人も猫もぐったり。

少しでも涼しく床がひんやりとする廊下や、陽が入らない場所でだらーんと寝ている姿をよく見かけます。

そんな暑い夏を過ごす時の猫の主な特徴として

 

  • 食欲が減る
  • 運動量が減る

人の場合でも暑い時って、食欲が減ったりしませんか?

猫も同じで、いつもよりも若干食欲が下がります。

愛猫もガツガツ食べてたご飯ですが、夏場はゆっくりちょこちょこ食いになりますよ。

時には残すこともあります。

が、全く食べない、殆ど口にしない、お腹が減っていれば食べる。という事でしたら

夏の暑さで食欲が下がったかな?くらいに思っても大丈夫です。

 

  • 下痢
  • 嘔吐
  • ご飯を全く食べない

お腹が減っているはずなのに、全く口にしない。

どこか具合悪そうで嘔吐、下痢をした。

このような症状がでていたら、一度、動物病院で診て貰いましょう。


 

夏バテしやすい猫の種類

 

いわゆる長毛種は、一本一本の毛が長い分暑いです。

人の場合でも長髪より短髪、髪を結んだ方が涼しかったりしますよね。

 

<代表的な長毛種の猫>

  • ペルシャ猫
    「猫の王様」と呼ばれるペルシャ猫ですが、毛がながく鼻が低い。呼吸がし辛く暑さには弱いタイプ

  • メインクーン
    がっしりとした骨格と大柄な身体が特徴的な猫。もともと寒い地域の猫で暑さには弱い。

  • ノルウェージャンフォレストキャット
    「森の要請」と呼ばれる猫。メインクーンと同じく寒さには強いですが暑さに弱い。

  • スコティッシュフォールド
    日本でも「スコ」の愛称でかなり人気がありますよね。毛のボリュームが多い為、熱をため込みやすく熱中症などの対策が必要。

 

 

猫の夏バテ対策

 

室温を調節しよう

猫が快適な温度は26~28℃、湿度は50~60%が理想

人から見ると、少し暑いかな?くらいに感じる温度が猫にとっては快適な温度

 

ということで、夏場を凌ぐ猫のための対策

  • エアコンを付ける
  • 遮光カーテンで直射日光を遮る
  • 水飲み場を増やす
  • ペット用の夏用マットで快適に

エアコンを嫌う猫もいますよね。

そんな時には夏対策用のペット用ひんやりマット、猫鍋(アルミ)などで対策すると愛猫も喜びますね。

ちなみに愛猫は夏場は猫鍋(アルミ)がお気に入り。※冬は全くと言っていいほど入りませんが。

 

 

まとめ

 

痩せたように見える理由と夏バテ

夏前には換毛期を迎えて毛が抜けるから、痩せて見えるもの。

猫も夏の暑さにはかなわない。食欲も下がり気味になるので、理解しておく。

全く食べない、具合が悪い時は獣医さんに診て貰おう。

愛猫が心地よく暑い夏を少しでも快適に過ごせるように、きちんと室内温度や対策をしてあげたいですね。

他にも猫の環境を整えるために

【DIY】増設キャットウォークと宇宙カプセルを設置。猫が喜ぶ部屋を目指して奮闘中

それでは素晴らしいキャットライフをお過ごしください。 では またね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
mimimumu
皆さんこんにちは!2匹の保護猫みみ(三毛♀)むむ(茶白♂)と妻と子供、家族6人で仲良く暮らしてます。猫を迎えてからどハマりして、猫の事をもっとよく知りたい!という事で 【2021年に猫健康管理士】を取得しました。 猫の力は無限大!猫がもたらす効果と魅力について愛猫「みみ/♀/三毛」と「むむ/♂/茶白」の実体験をお届けできれば幸いです。