猫のあくびが意外と臭い。やっぱり歯磨きは必要なのか。

 

猫ってよくあくびしません?

うちの子はふと見るとあくびしてるもので。そんな姿を見ると釣られてあくびしちゃっうものです。

近くまで来てあくびをする猫。

むわぁ~。と生暖か~い息がふわっと鼻に直撃。

臭っっ!! 

可愛い顔してるのになんだか生臭い。意外とあるあるじゃないですか?

という事で、今回は猫は歯磨きが必要なのかという観点で見ていきましょう。

  

 

猫に歯磨きが必要か

はい、必要です。清潔な歯を保ちましょう。

では、なぜ歯磨きが必要なのでしょうか。

 

 

歯磨きをしないと  ⇒  歯茎が腫れる ⇒ 歯周病の恐れ。

歯周病。よく耳にするワードですね。

歯周病とは
歯垢、歯石がたまり、口の中でばい菌が繁殖し歯周病を患う。口の中で炎症を起こし、腫れや痛みの症状がある。繁殖した細菌が体内に入り賢臓、内臓疾患等、さまざまな疾患の原因と言われています。
詳しくはこちら

 

 

ということで、猫がご飯を食べている時の様子を確認してみよう。

何かしら口に違和感を感じると、食べ辛そうに片方の歯だけで食べているなんてことも見受けられます。そんな時は片側の歯が痛む、歯がぐらつく、歯肉炎を患っているかもしれません。

 

人の場合でも一緒ですよね。

奥歯が痛む時、口内炎ができて痛みを伴う時、痛みが無い方の奥歯を使って食べませんか?それと一緒です。
 
 

ちなみに猫の歯は
乳歯永久歯があります。
乳歯は26本、永久歯は30本

生後2~3週間頃から乳歯が生えはじめ、3ヶ月~7ヶ月後には永久歯へ生え変わります。
抜けた歯は殆ど飲み込んでしまうため、滅多にお目にかかれません。

   

 

猫は虫歯になるのか

猫は虫歯にはなりません。

 

簡単に言うと、猫の口は虫歯菌のエサとなるブドウ糖が無いから。

この性質の違いによって猫は虫歯ができません。

 

小さい頃、親から「ごはんはしっかり噛んで食べなさい。甘くておいしくなるから」なんて言われた記憶がありませんか?

甘く感じるのは、デンプンとアルミラーゼが反応してブドウ糖が作り出されるから。

 

アルミラーゼ
炭水化物(デンプン)をブドウ糖に分解する消化酵素。

 

ブドウ糖をつくるにはアルミラーゼが必須ってことだね!

 

猫の唾液にはアルミラーゼが含まれていないので、虫歯菌の餌となるブドウ糖が口の中で作られません。

人間の唾液にはアルミラーゼが含まれますので、虫歯菌の餌となるブドウ糖が作られ菌が繁殖します。

 

人と猫では口の中(唾液)の性質が違う

ということから、猫は虫歯ができないんですね。

 

じゃあ猫は虫歯にならないから、歯磨きしなくてもいいじゃないか!?

そう思うじゃないですか。

先ほどお伝えした、歯周病が厄介なのです。

 

猫の歯周病

猫にとってこの歯周病が非常に厄介。

3歳以上の猫、約7割以上がこの歯周病に悩まされている実態。

 

歯に付着した細菌が歯垢になり、一週間たつと歯周病の原因となる歯石が作られます。

予想以上に猫の歯は歯垢から歯石に変わる進行が早いです。 ※人間の場合はおよそ20日

歯石になると歯磨きでは取り除くことが出来ません。

  

歯周病にかかった時の症状

  • 口臭が酷くなる
  • よだれが垂れる
  • 歯茎が腫れる
  • 歯が黄色く汚れる
  • 食欲が減る(ドライフードを嫌う)
  • 歯茎から血や膿が出る
  • 歯が抜ける
  • 鼻水くしゃみ

 

それ以上に怖いことは

悪化すると心臓や腎臓、肝臓への病気を引き起こす原因とも報告されていること

 

猫が歯周病にかかる原因

 

不十分な歯のケアによって歯垢が残っている事が主な理由

毎日のケアがとても大切!!

歯磨きの回数は、理想は毎日。 少なくとも2日~3日に1回必要です。

というけれど、毎日歯磨きするのって大変なんですよね。

 

なぜかというと

それは、殆どの猫は歯磨きを嫌がるから。

幼いころから慣れさせるのが一番の近道なのですが

成猫の場合でもあきらめないでください。慣れていくものなのです。


 

歯磨きに慣れさせよう!

 

ステップ1 指で口の周りに触れる

指に歯磨きのジェルを付けて舐めさせ、歯磨きの味を覚えてもらう。

お口の中にいれても大丈夫なものと覚えさせて、安心感を持たせる。

終わった後は、ご褒美としておやつをあげるのも効果的です。
 

 

ステップ2 指で歯に触れる、磨く

歯磨きジェルの味を覚え、安心感を持たせたら

同じように歯磨きジェルを付けて、歯を指で磨く。

徐々に歯を磨くことに慣れさせていきましょう。
 

 

ステップ3 指の歯ブラシまたは歯ブラシで磨く

指で歯磨きになれてきたら

指に装着する歯磨きまたは、歯ブラシに歯磨きジェルを付けて磨く

 


■歯磨きジェル

 

■指にはめる歯磨き

 

 
■猫用歯ブラシ


 

それでも嫌がる場合は、猫用の歯磨きスナック頼る!

  


口コミとしてはスナックお菓子になるので、しっかり磨けていない、賛否両論ありますが

歯磨きをどうしても嫌がる場合や、ケアを全くしていない場合は試してみる価値があるでしょう。

 
 

まとめ

 

歯周病にならないためにも、歯磨きはとても大切。

 

初めは嫌がる歯磨きですが、焦らず毎日続ければ慣れていくものです。

猫の毎日の歯磨きケアは大切

そして心のケアも大切ですね「猫の気持ちを考えた快適で住みやすいお家とは?猫が求めている空間を作ろう。」

 


猫の健康を守ってあげられるのは飼い主様がいるからです。

それでは素晴らしいキャットライフをお過ごしください。 では またね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
mimimumu
皆さんこんにちは!2匹の保護猫みみ(三毛♀)むむ(茶白♂)と妻と子供、家族6人で仲良く暮らしてます。猫を迎えてからどハマりして、猫の事をもっとよく知りたい!という事で 【2021年に猫健康管理士】を取得しました。 猫の力は無限大!猫がもたらす効果と魅力について愛猫「みみ/♀/三毛」と「むむ/♂/茶白」の実体験をお届けできれば幸いです。