猫が喜ぶケージの置き場所は?お部屋から選択するべき場所とケージの工夫についてご紹介します。

 

 

 

猫のケージを置く場所。

理想ってあるけどケージの置く場所と言っても幅をとりますからね。

 

ある程度、置き場所が決まってしまうものです。

理想的な置き場と、抑えておきたい条件についてご紹介します。

 

猫のケージを置く理想な場所

 

  • 静かな場所
  • 窓の外が見える場所
  • 風通しの良い場所

 

猫のケージって大きいですからね。

全てが整っている理想的な場所に設置するのって、結構難しかったりしませんか?

 


● 部屋の奥側は静かだけど、窓の外が見えないし風通しがあんまり良くない。

● 窓が見えるけど部屋のど真ん中でどうしても邪魔になってしまう。

● 風通しは良いけど、ベランダに出れなくなる。

そんな風にお悩みの方は

 

人の行き来が少ない静かな場所を選択しよう。

猫って急な音や動きに凄く敏感です。

繰り返されるとストレスに感じやすいんですよね。

 

猫が寝てる時に、急に「バタン!」と扉が開いたり閉めたりする場所は落ち着けません。

   

なので、お部屋の入口付近や、テレビの真横といった音が激しい場所は避けた方がいいかも。

扉の真横ではなく少し離れた場所をおすすめします。

 

ケージの暮らしってどうなの?

 

ケージの中、飼い主様からすると「狭そう」「窮屈」って感じません?

私も最初はそう思いました。

 

だけど猫からすると、ケージの中って慣れてしまえば「安心できる場所」なんですよね。

むやみに抱っこもされないし、ゆっくり寝られるわ~♪ 

 

なんて思っているかもしれませんよ。

眠たい時は自らケージに入って寝る事がほとんど。

伸び伸び遊べる時間を作ってあげれば大丈夫。

 

実際に愛猫2匹と暮らしていますが、ケージの扉をあけたまま自由に遊ばせていると眠くなれば、勝手にケージの中にあるハンモックで寝ます。

そんな感じです。 でも大切な事がひとつ。

それは、幼いころからケージに慣れさせておくこと。

 

何事もやっぱり幼い頃は順応なんですよね。

「爪切り」でも「ブラッシング」でもしつけは生後1年までには慣れさせておくと後が楽かも!

もちろん、成猫でもしつけはできますが、子猫の方が教えやすいということです。

 

猫のケージの中でできる工夫

猫がケージの中にあると喜ぶもの。

まずは、必ず必要な物3点。

  • ご飯置き場
  • 水飲み場
  • トイレ

ケージの中で飼う場合は必ず必要ですよね。 

 

それ以外に少しでも落ち着ける、ストレス発散できる場所を作ってあげること。

  • ハンモック
  • 猫のベッド
  • 爪とぎ場

 

ゆっくり寝れて、少し上下運動も増やせるハンモックはとても喜びますよ。

家には2匹の猫がいるもので、場所を取り合う姿も良く見かけました。

ですので最終的には2つ設置。

 

 

 

まとめ

 

ケージを置く場所は

人通りが少ない静かな場所に設置しよう。

 

ケージの中で必要な物。

水飲み場とトイレは必須!

 

そして何より『ハンモック』は喜んでくれました。

2匹いると取り合いになるから2つあると尚良し!

※それでもお気に入りがあるようで、取り合いになることもあるくらい人気ですよ。

 

ちなみにうちはハンモックを自作しましたが、やっぱり時間はかかります。

自作は苦手。 そんな作る時間ないよ!

 

そんな方は楽天、Amazonなどを利用すると便利ですね。 

 

猫に暮らしやすい生活を。

これから猫を飼おうかな。

そんな風にお考えの方、ちょっと待ってくださいね。

猫って可愛いだけではないんです。

 

可愛いから飼ってみた。だけどやっぱり違った・・・。

もちろん最後まで責任をもって可愛がってもらえる猫は幸せなのですが。。

 

たまに不幸になってしまう猫も存在していること。

猫を飼う前にデメリットについて理解を深めておけば、ギャップも軽減されるはずですよね。

 

猫を飼ってみて大変だったことデメリットについて紹介します。

 

毎日、猫から幸せを貰っている飼い主です。

それでは素晴らしいキャットライフをお過ごしください。 では またね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
mimimumu
皆さんこんにちは!2匹の保護猫みみ(三毛♀)むむ(茶白♂)と妻と子供、家族6人で仲良く暮らしてます。猫を迎えてからどハマりして、猫の事をもっとよく知りたい!という事で 【2021年に猫健康管理士】を取得しました。 猫の力は無限大!猫がもたらす効果と魅力について愛猫「みみ/♀/三毛」と「むむ/♂/茶白」の実体験をお届けできれば幸いです。