猫の留守番。一泊二日の旅行やお出かけをする時の準備と注意点

猫の留守番。一泊二日の旅行やお出かけをする時の準備と注意点

こんにちは!

年末年始やゴールデンウィークの連休中は実家へ帰省したり

たまには旅行に行ったりもしたいですよね。

ということで今回は一泊二日のお出かけをする時、猫のお留守番で準備をしておく物と注意点についてまとめてみました。

結論:ご飯、お水、トイレの設置は多めに。お出かけ前のチェックは大事!

 


猫のお留守番はいつから大丈夫?

猫が一匹でお留守番をする場合の目安としては1歳から。

猫は1日の大半の時間は寝てるので、お留守番は得意な動物と言われてます。


では1泊のお出かけをする上でどこが不安か考えてみると

まずはご飯、お水、トイレは大丈夫か。第一に思い浮かぶのではないでしょうか。

最近は自動でご飯が出てくる便利なグッズもありますので、幾分安心できますけどね。

でもやっぱりどこか心配になるものです。


もう一つ不安要素は、飼い主様もいなく家で一人になることの寂しさ。

いわゆる飼い主様への依存が強く、飼い主様がいないと「怖い!」とストレスを抱えてしまう事。飼い主様にいつも傍にいてほしい!という気持ちが強くストレスを感じてしまうというものです。

飼い主様への依存が強い子に見られがちな「分離不安症」にも気を付けなければなりません。


猫のお留守番に必要な物

猫のごはん

では、留守中にどうやってご飯をあげるか。

という点ですが、今は全自動で餌が出てくる便利なグッズがリーズナブルなお値段で手に入りますので、できれば活用したいですね。

私は毎日のご飯の回数と与える量を決めていますので、自動で設定した分と回数を設定できるので購入しました。


滅多にしない旅行のために飼うのは気が引ける・・・。という人も多くいらっしゃると思います。

過去には全自動で餌が出てくるグッズなど無かった訳ですからね。


では餌のグッズを使わない場合はどうやってあげるのか。

いつものご飯の場所だけでなく、別の部屋にもご飯を置いておく

できれば壁際のイタズラをしても倒しにくいところをお勧めします。

一か所ですとフードが唾液により痛み易くなることと、食器を倒した場合を考慮して2か所以上の場所へ置いておく。

また、フードはドライフードの方が痛みにくいです。

猫のお水

お水もご飯の置き場と同様、数か所に設置しておくべき。

猫がいたずらして倒してしまう事も考慮して、何か所か(少なくとも2か所以上)お水を設置しておくと安心です。

中には、お風呂や台所の水をちょい出しして、器に水がたまるようにしてお出かけする方もいらっしゃるようです。

私はお水までは全自動にしておりませんが、自動給水グッズももちろんあります。

お出かけする際にお水が無くなることは避けたいので数は多めに設置して、自分のやりやすい方法で検討すると良いと思います。


猫のトイレ

お出かけの際はいつもより1つ以上多くトイレを設置しよう。

猫はきれい好き。いつも綺麗なトイレで用を足したいものですが外出中はどうしても残ってしまいます。

汚いトイレは使用したくない!とならないよう、トイレの数を増やしておくべきです。

滅多に使用しないし費用をかけたくない。という方もいらっしゃると思います。私もそうです。

100円均一とかで大きな器を飼って、そこに固まるタイプの砂をいれておくだけでも簡易トイレになりますので、お出かけの際は検討してみてはいかがでしょうか。

やっぱり全自動でトイレをきれいに保ってくれる優れものが欲しい!という方はお出かけを機に検討しては如何でしょうか。お財布に相談してみましょう。。

お出かけをする前の確認事項

  • お風呂のお水は抜いているか
  • 窓のカギは閉まっているか
  • 小さい物や遊び道具は片づけたか
  • 食べ物は漁れない場所か(蓋などが付いているか)
  • 部屋の扉が閉まらないようにしたか
  • 夏場、冬場のエアコンは付けておくと良い


お風呂の湯船に落ちてパニックに陥り溺れる可能性もありますので、お湯は抜いておきましょう。

忘れがちなのが部屋の扉が閉まらないように配慮していなかった!ということ。

開き戸の場合、猫はたまに扉と壁の間に入ろうとして、勢いで扉を閉めてしまう場合があります。通り抜けできなくなりますので、トイレの場所が扉の外側だった場合は行く事もできません!

それは避けたいので、扉にドアストッパー(↓はキャンドゥで購入)かフェイスタオルを扉の上部へかませておく等、扉が閉じないように対策しておきましょう。


夏または冬は室内の気温にも注意が必要ですね!

閉めっきりの真夏は地獄です。エアコンが付いていることは忘れないように。ということで猫が喜ぶ室内の温度については別記事「【予防】猫の寒さ対策。快適な温度は?寒い冬を乗り切ろう」をご覧下さい。

まとめ

猫のお留守番は一泊二日であれば、ご飯、お水、トイレを充実させておきましょう!

猫は寝る時間がとても多いのでお留守番はしやすいと言われますが、どこか心細いと感じていることでしょう。

飼い主様が帰ってきた時は愛猫も喜んでいますので「ただいまー!」の挨拶と愛猫へお留守番ができた事をたくさん褒めてあげましょう。

寂しくて泣いているわけではない

猫の涙を流す原因は?自分でもできる点眼と状況の確認

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
mimimumu
皆さんこんにちは!2匹の保護猫みみ(三毛♀)むむ(茶白♂)と妻と子供、家族6人で仲良く暮らしてます。猫を迎えてからどハマりして、猫の事をもっとよく知りたい!という事で 【2021年に猫健康管理士】を取得しました。 猫の力は無限大!猫がもたらす効果と魅力について愛猫「みみ/♀/三毛」と「むむ/♂/茶白」の実体験をお届けできれば幸いです。